久しぶりのエンパニ縮毛矯正メニューでご来店されるお客様へ

お知らせ

エンパニ縮毛矯正メニューで再来されるお客様には、4月から一部 技術料金の変更がございます。
※当店へエンパニ縮毛矯正メニューで再来いただく際に、すでにホームカラーや他店の美容技術(カラー・パーマ・ストレート)を施されている場合には、別途2500円(税抜き)をいただくことになりました。

 

ホームカラーや他の美容技術をされていますと…殆んどの場合、薬剤が残留していてパサパサ・ゴワゴワの乾燥毛になり、手ぐしも通りにくい状態になって戻って来られます。

新規ご来店の時と同じように、過去の薬剤や毛髪状況を把握するためのカウンセリングが必要になりますし。。

残留薬剤などにより…不安定な状況になっていて、髪へのリスクを考えた上での施術が必要になります。

きちんとクセ毛を伸ばしながら行うダメージ修正は、実際にはとても難しく…手間と時間がかかってしまいます。※重症化したダメージ部分には、手を施しても思ったような効果が得られない場合もございます。

 

分かりやすく言うと『ふりだしに戻る』ようなものですね。

 

一度でもエンジェルパニックを経験されたことのあるお客様は、その仕上がりの良さはよくご存知かと思います。

髪の病院があるとしたら、再び体を壊されて来院される患者さんに似ています。

出来れば〝日頃から通う…かかりつけ医〟のようなイメージで通っていただくと『美髪が保てる』ようになっていきます。

 

【エンパニ縮毛矯正】この2つの画像(before・after)は違いが一目瞭然です。

整えられた美しい髪は、若々しく見え…その軽やかなサラサラ髪に思わず触れたくなります。

気分も上がり、自分に自信もついて…とてもポジティブになれるようです!

そんな憧れの髪を…手に入れたいものですね。

【エンパニ縮毛矯正】 before(左) 他店技術の縮毛矯正で、中間が切れているハイダメージ状態。 after(右)  縮毛矯正を行いながらダメージ部分の修正も行いました。何もつけずに手で乾かしただけのお仕上げです。 ◯ 切れた部分は目立たずに整って、天使の輪が輝く…しなやかな手触りに変わりました!

 

 

 

 

《エンジェルパニック》は、「薬剤の除去」と「水分保持力を高めること」を重点的に行い、髪の内部まで安定した状態に整えていく《美髪矯正》です。

美容業界の常識から頭1つ抜け出た革新的な技術になります。
ぜひ本物の技術を受けていただき…美しい髪を持続してほしいと思います。

 

※当店では、他店技術やセルフカラーなどで損傷していると予想される毛髪へ…その状態に応じたベストな施術を行うため、
その手技料として別途2500円(税抜き)を頂いております。あらかじめご了承下さい。
☑️これは、修復や改善を保証しお約束するものではございません。 
☑️その時のベストな施術に努めますので、ご理解をいただけると幸いです。

今回の技術料金の一部変更に、ご理解・ご了承をいただきますと共に、更なる技術・サービスの向上を行ってまいりますので、今後ともご愛顧賜りますようお願い致します。

 

髪でお悩みの方々が、コンプレックスから解放され…健やかな生活が送れますように!

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 


どうして縮毛矯正で髪が傷むのか

髪の構造を理解して綺麗な縮毛矯正をかける

間違った縮毛矯正をしてしまうと、ダメージを負い、取り返しのつかないことになってしまいます。

 

*前回の縮毛矯正で酷いダメージを負って、3ヶ月後に新規でご来店いただいたお客様です。
*縮毛矯正+毛先デジタルパーマ+ヘアカラーを同じ日に一度に行いましたが、正しい施術でこんなに綺麗な髪に蘇りました。

 

まずは、縮毛矯正ついて…大まかな手順と簡単な説明をしてみたいと思います。

①まず初めに1液を髪に塗布して、髪の形状を組み換えられるように還元(軟化)させます。適度に軟化したら薬剤を洗い流します。

②次は熱処理です。ヘアアイロン等を使って髪に熱と力を加えながら形を整えていきます。

③そして最後に2液を塗布します。これは酸化という反応を利用して髪の形状を固定させる為で、しばらくおいたら洗い流し、乾かして終了です。

このそれぞれの行程で髪にダメージを与える可能性があります。

①の還元(軟化)作用では、髪の状態に対して1液が合っていなかったり反応させる時間が長過ぎると、髪は過剰に軟化して最悪の場合は溶けて切れてしまいます。

逆にダメージを恐れて十分な軟化ができなければ、癖は伸ばせません。
また、薬剤の塗り方も重要で、頭皮に1液が付着してしまうと根元から折れて不自然なシルエットになります。髪がペタンコに仕上がってしまうのはこのせいです。

②の熱処理では、適切な温度設定・テンション(引っ張る力)・圧力のコントロールが重要です。

特に〝ダメージ毛〟に対しては、過剰なアイロン温度・テンションのかけ過ぎなどで、毛髪構造が破壊されチリチリのビビリ毛になることがあります。

逆に、〝新生部〟に対しては十分な熱量とテンションがなければ、やはり癖は伸ばせません。

また…二人がかりで、アイロン施術をされるサロンでは、『左右が違う仕上がりになった。片方だけダメージ毛に仕上がった』などと、残念な結果になってしまった方は少なくないようです。

※アイロンの熱処理が無くては、髪の形状を組み換える〝矯正〟はかかりません。
高度なアイロン技術が重要だと言うことです。

③の酸化でも、2剤に種類があり、用途に合わせた適切な薬剤と作用時間が必要で、矯正した毛髪を完全に定着・安定させていきます。

この酸化が不十分だと、還元(軟化)の作用が続きダメージを受けやすいパサパサと拡がる髪になり、時間の経過と共にダメージしていく縮毛矯正になります。

皆さんもご存知のように、毛髪はお肌と同じ〝弱酸性〟です。
癖毛をストレートに形状を組み換えた後は、できる限り余分な薬剤は取り除き、本来の〝弱酸性の状態へ近づける〟必要があります。

このようなさまざまな行程を怠りなく行うことによって、劣化の少ない安定した髪に導いていく事ができます。時が経ってもサラサラで艶のあるストレートな髪になる!

 

これが劣化しない本物の縮毛矯正の技術!

オールジーヘアでは高い技術力と毛髪・薬剤に関する知識の証としてエンジェルパニックの認定を受け、

独自に開発された毛髪美容液を用いることで髪の保水力を取り戻し、

時間がたっても拡がらない・矯正効果が半永久的に持続する・艶やかでハリコシのある美髪が続く…縮毛矯正を提供しています。

 

〝来た時とは まるで別人〟のような美しい仕上がりに、喜びと感動の声をいただいています✨

 

 


ご挨拶

オールジーヘアのホームページをご覧頂きありがとうございます。

オーナーの川崎です。

美容師としての活動を始めてから20数年…..

いつも私たちに寄り添い…夜の闇を優しく照らし安らぎを与えてくれる『月』のように、お客様に寄り添い…美しさと自信に満ちた心安らかな生活へのお手伝いが出来るようにと、ネイティブアメリカンの言葉で月を表す『Ooljee』を冠したオールジーヘア。

ようやく自分の理想を実現できるお店をつくる事が出来ました。

 

 

これまでの経験を通して、どうやったらお客様の思い描く理想のスタイルを実現し、自分に誇れる仕事が出来るのかを模索していく中で辿り着いた技術が、この『エンジェルパニック』です。

 

的確なカウンセリング・毛髪理論・薬剤知識・アイロン技術など、今までに培った全てを活用しながら丁寧な施術を行っています。

またオーダーメイドのように、お一人お一人の髪と真摯に向き合い、その時点でのベストな髪の状態をご提供いたしますので、諦めずに一緒に美しい髪を作り上げましょう!